顧問弁護士が行うこと

顧問弁護士が行ってくれることとしては、具体的にこのようなことが挙げられます。

まずは、登記関係などの、企業運営に関する手続きの確認、実際に手続きを行うことです。こちらをしっかりとやっておかないと会社の運営自体が出来なくなることがほとんどですので、まずはしっかりと必要な手続きが行われているかどうか、総洗いをしてくれる所から始めてくれる弁護士さんが多いでしょう。万が一漏れや抜けがある場合や、一から企業を立ち上げるためまだ何もされていないという場合は、企業主に報告をして、実際に書類作成、届け出を代行して行ってくれます。

次に、企業の契約書や業務締結書など、書類作成に関する業務です。こちらも法律的知識がないと、法的拘束力のない書類を作成してしまう可能性が高いので、しっかりと確認を行い、業務を遂行していく必要があると言えるでしょう。企業定款の作成なども行ってくれることがほとんどで、企業立ち上げの際に、一から一つずつ作成のサポートをしてくれると言えるでしょう。

このように、企業運営、存続に関しての様々な手続き、様々な作成を行ってくれることが、顧問弁護士の仕事となりますので、一から企業を立ち上げる場合にも、非常に心強い存在であると言えるでしょう。