企業に必要な理由

顧問弁護士は企業にとって、絶対に必要不可欠な存在というわけでは実はありません。現に、ほとんど企業法務を自分たちで行っているという企業もあり、顧問弁護士を雇わず、その都度依頼をしているという企業も多くあると言えるでしょう。ですが、顧問弁護士の重要性は、決して企業法務だけではなく、実はそれ以外の部分にあると言っても過言ではありません。

例えば、契約を結ぶ際など、その契約が怪しくないか、企業にとってマイナスにならないかどうかを、法律的観点から判断してくれるという点です。あくまで最終決定は企業主になりますが、アドバイスを行ってもらうことが出来る分、非常に安心して取引について考えることが出来ると言えるでしょう。

次に、企業が万が一訴えられるという事態に陥った際や、詐欺被害などに巻き込まれ、こちら側が訴えるとなった場合。率先して行動をし、必要な手続きや必要な書類申請を行ってくれると同時に、裁判になった際にも企業を守ってくれるという点が、非常に心強いと言えるでしょう。顧問弁護士としていつも依頼していれば、企業のこともよく理解してくれていますので、親身になって様々な相談に乗ってくれる点が、非常に心強い点です。