顧問弁護士とは

顧問弁護士とは、企業内で企業の運営者の一人として所属し、企業法務に携わる、法律のエキスパートのことを指します。弁護士資格を持っている方が対象とされており、企業法務をはじめ、企業を守るために法律的観点からアドバイスを与え、企業を支えていく存在であることで知られています。

そんな顧問弁護士ですが、大手企業である場合はほぼ間違いなく雇っていると言っても過言ではないほど、企業にとって非常に重要な存在であることで知られています。企業が運営をしていくために必要な法的手続きや、契約書などの書類作成を一手に担っているだけではなく、必要に応じて新規契約を結ぶ際に、法的に問題が無いかどうか立ち合いをしてアドバイスを行ったり、企業に何か問題が生じたときに、弁護士としてサポート、裁判手続きなどを行ってくれる、強い味方です。

顧問弁護士の形態としては主に二つあり、一つは、他の弁護士としての仕事も行いながら、顧問弁護士契約を行う、比較的自由なタイプ、もう一つは、企業の一員として会社に在籍して、顧問弁護士契約を行うという、特化型タイプが挙げられます。それぞれのタイプに応じて当然、依頼をする際のコストも大きく異なってきますので、企業の状況や企業法務の内容に合わせて、顧問弁護士契約をするべきかどうかなどから考えてみることをおすすめします。

顧問弁護士はいざという時に非常に心強い存在ですので、企業運営の上では欠かせないと言っても過言ではありません。