企業に必要な理由

顧問弁護士は企業にとって、絶対に必要不可欠な存在というわけでは実はありません。現に、ほとんど企業法務を自分たちで行っているという企業もあり、顧問弁護士を雇わず、その都度依頼をしているという企業も多くあると言えるでしょう。ですが、顧問弁護士の重要性は、決して企業法務だけではなく、実はそれ以外の部分にあると言っても過言ではありません。

例えば、契約を結ぶ際など、その契約が怪しくないか、企業にとってマイナスにならないかどうかを、法律的観点から判断してくれるという点です。あくまで最終決定は企業主になりますが、アドバイスを行ってもらうことが出来る分、非常に安心して取引について考えることが出来ると言えるでしょう。

次に、企業が万が一訴えられるという事態に陥った際や、詐欺被害などに巻き込まれ、こちら側が訴えるとなった場合。率先して行動をし、必要な手続きや必要な書類申請を行ってくれると同時に、裁判になった際にも企業を守ってくれるという点が、非常に心強いと言えるでしょう。顧問弁護士としていつも依頼していれば、企業のこともよく理解してくれていますので、親身になって様々な相談に乗ってくれる点が、非常に心強い点です。

顧問弁護士が行うこと

顧問弁護士が行ってくれることとしては、具体的にこのようなことが挙げられます。

まずは、登記関係などの、企業運営に関する手続きの確認、実際に手続きを行うことです。こちらをしっかりとやっておかないと会社の運営自体が出来なくなることがほとんどですので、まずはしっかりと必要な手続きが行われているかどうか、総洗いをしてくれる所から始めてくれる弁護士さんが多いでしょう。万が一漏れや抜けがある場合や、一から企業を立ち上げるためまだ何もされていないという場合は、企業主に報告をして、実際に書類作成、届け出を代行して行ってくれます。

次に、企業の契約書や業務締結書など、書類作成に関する業務です。こちらも法律的知識がないと、法的拘束力のない書類を作成してしまう可能性が高いので、しっかりと確認を行い、業務を遂行していく必要があると言えるでしょう。企業定款の作成なども行ってくれることがほとんどで、企業立ち上げの際に、一から一つずつ作成のサポートをしてくれると言えるでしょう。

このように、企業運営、存続に関しての様々な手続き、様々な作成を行ってくれることが、顧問弁護士の仕事となりますので、一から企業を立ち上げる場合にも、非常に心強い存在であると言えるでしょう。

顧問弁護士とは

顧問弁護士とは、企業内で企業の運営者の一人として所属し、企業法務に携わる、法律のエキスパートのことを指します。弁護士資格を持っている方が対象とされており、企業法務をはじめ、企業を守るために法律的観点からアドバイスを与え、企業を支えていく存在であることで知られています。

そんな顧問弁護士ですが、大手企業である場合はほぼ間違いなく雇っていると言っても過言ではないほど、企業にとって非常に重要な存在であることで知られています。企業が運営をしていくために必要な法的手続きや、契約書などの書類作成を一手に担っているだけではなく、必要に応じて新規契約を結ぶ際に、法的に問題が無いかどうか立ち合いをしてアドバイスを行ったり、企業に何か問題が生じたときに、弁護士としてサポート、裁判手続きなどを行ってくれる、強い味方です。

顧問弁護士の形態としては主に二つあり、一つは、他の弁護士としての仕事も行いながら、顧問弁護士契約を行う、比較的自由なタイプ、もう一つは、企業の一員として会社に在籍して、顧問弁護士契約を行うという、特化型タイプが挙げられます。それぞれのタイプに応じて当然、依頼をする際のコストも大きく異なってきますので、企業の状況や企業法務の内容に合わせて、顧問弁護士契約をするべきかどうかなどから考えてみることをおすすめします。

顧問弁護士はいざという時に非常に心強い存在ですので、企業運営の上では欠かせないと言っても過言ではありません。